KENWOOD レコードプレヤー修理記録
CD関係機器 ◆テープ関係機器 ◆Tube Tester ◆その他 ◆測定機器・写真機器
DENONKENWOODLUXMANMICRO SEIKIONKYOPanasonicSonysotaTHORENSVictor 
株式会社JVCケンウッド KENWOOD
 L−07D. 3台目(2009年3月)  L−07D. 4台目(2014年8月)
 L−07D(2009年11月)  L−07D. 2台目(2009年2月)
 ターンテーブルの点検はこちら
交換用磁気センサーお分けします。送料別6000円です
L-07dは、回転機構部の磁気センサー2個が振動や経年劣化する様です。
劣化すると、起動しなかったり、起動しないが手で回してやると、正常に回る等の1つの原因です。
但し、他に原因がある場合は、この磁気センサー2個交換だけでは直りません。
現在、市場にある磁気センサーは改良品やAMP内蔵型で、L-07dには全く適合しません。
今回修理で見つける為、各社の色々なタンテーブルやレコードプレヤー等を解体して、やっと探し当てる事ができました。
余りましたのでお分けします。
全て取り外し品の中古ですが、取り外し後、点検して有ります。
必要なのは2個ですが、交換が大変なので、予備に1個追加し、3個1組です。
写真の様に、純正品よりは小さいです。
修理交換は、細かい作業なので、面実装の経験がないと、非常に大変です。
又、交換する方が小さいので、片側は細い線で延長する必要があります。
半田コテは定温型を使用する事をお薦めします。
写真の左1個が、純正品で付いている物で、右3個がお売りする磁気センサーです。
     
Copyright(C) 2017 Amp Repair Studio All right reserved. このHP(HomePage)は、修理依頼者の為に作成して有ります。 このHPを修理の参考にするのは、適切では有りません。  このHPに表されている処置だけでは、修理完成しない場合が有ります。    最終更新平成29年7月31日